abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapelocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewprofilerefreshnewssearchsecurityPathtagticktooltiptwitteruniversalityweb

This page is not available in English and is being displayed in Japanese

Article

WAKASHIOのインド人船長ら逮捕 安全義務違反

「座礁船のインド人船長ら逮捕 安全義務違反―モーリシャス」2020年8月9日

英BBC放送(電子版)などによると、インド洋の島国モーリシャス沖で日本の貨物船が座礁した事故で、地元警察は18日、インド人船長(58)とスリランカ人船員1人を逮捕した。航行上の安全義務に違反した疑いが持たれている。

貨物船は「WAKASHIO」で、長鋪汽船(岡山県笠岡市)が所有し、商船三井が運航を手配。大量の燃料が流出し、環境破壊に国際社会の懸念が高まった。

地元警察によると、複数の船員は調べに対し、事故前に誕生日パーティーを開いていたと供述。無線通信Wi―Fi(ワイファイ)に接続するため、島に近づいた可能性もあるという。

Story Timeline